「伝統的七夕」コスモプラネタリウム渋谷で8月17日にイベントを開催

「東京都渋谷区文化センター大和田」内にあるコスモプラネタリウム渋谷では、「伝統的七夕」に併せた8月17日、「七夕ミステリー ~光と闇が出逢う時~」を特別投影。七夕伝説に隠されたもう一つの意味についての解説をします。

特別投影は当日19:00の部のみで、時間は40分間を予定しています。投影前の18:00からは「夕日を見送る会」、19:30より「観望会」を実施予定です。
伝統的七夕」というのは、一般に認知されている7月7日の七夕ではなく、日本の暦を定める国立天文台によって計算された暦の七夕のことです。
これは旧暦にも基づくもので、2018年は8月17日にあたります。

7月7日という新暦の七夕は、日本ではまだ梅雨の時期であまり星を見るのに適していないことから、地域によっては旧暦(8月初旬から中旬頃)や、「伝統的七夕」を用いて祝うところもあるようです。

 

Image Credit : コスモプラネタリウム渋谷
■伝統的七夕」の日に織姫星と彦星を見よう
http://www.shibu-cul.jp/news/3787.html
(ヤマグチ)

関連記事

ページ上部へ戻る