人間の視覚をほぼ100%カバーするVRヘッドセット「StarVR One」

台湾に本社を構えるStarVRは、カナダのバンクーバーで開催されている世界最大のコンピューターグラフィックスの祭典「シーグラフ2018」において、リアルなVR体験ができる次世代VRヘッドセット「StarVR One」を発表しました。

StarVR One」は、人間の視野角に近い業界最広の水平視野210度・垂直視野130度や最先端テクノロジーで、人間の視覚をほぼ100%カバーすることができる次世代VRヘッドマウントディスプレイです。

ディスプレイには、毎秒90フレームのリフレッシュレートで、1600万サブピクセルの高解像度で映し出す事ができるSamsung製の有機ELディスプレイ「AMOLED」の特注パネルを採用しています。
内蔵型アイトラッキングは、Tobii社の業界最高レベルのアイトラッキング・テクノロジーを搭載。目の焦点が合った箇所のみ高品質にレンダリングするダイナミック・フォービエイテッド・レンダリングにより、視線部分を最高品質で描画しつつ、人間の目にとっての周辺画像の画質も落とすことなく表現できます。

また、「StarVR One」の開発には、Intel、NVIDIA、Epic Gamesなど、業界をリードする企業が関わっており、NVIDIA製のQuadro GPUの搭載、開発環境にはOpenXRUnreal Engine4のサポートも予定されています。

StarVR One」により、自動車や航空機の操縦シミュレーションのVR体験の向上、工学用途における設計上の問題点の特定を行うことが可能になります。

 

Image Credit:StarVR
■水平視野210°、垂直視野130°のVR業界最広視野角を実現 アイトラッキング(視線追跡)内蔵の次世代VRヘッドセット 「StarVR One」初公開
https://www.starvr.com/

関連記事

ページ上部へ戻る