ホンダジェット、2018年上半期のデリバリー機数「世界首位」を達成

ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は、「ホンダジェット(HondaJet)」の2018年上半期デリバリー数が17機となり、2017年上半期と2017年暦年に続き小型ジェット機カテゴリー世界トップの記録を達成しました。

また、5月に発表したホンダジェットの新型機「ホンダジェット エリート(HondaJet Elite)」においても世界的に好評。今月より米国で納入を開始し、今後欧州や中南米、アジアなどにも順次納入を拡大していきます。

日本では6月6日の受注開始以来、約2ヶ月で10機を超える好調なスタート。2019年前半の型式証明の取得後の納入を目指しています。

ホンダジェットのデリバリー数「世界首位」について、HACI取締役社長 藤野 道格氏は、次の様にコメントしています。
「昨年に続いてデリバリー数で世界トップを達成でき、大変うれしく思います。新型HondaJet Eliteは、今年5月の発表以降、日本をはじめ世界各国から非常に高い評価をいただいております。今回のHondaJet Eliteの納入開始は、一つのマイルストーンとしてこれまで以上に我々がビジネスジェット業界の最前線に立ち新しいスタンダードを確立していこうとする強い意思を示すものです。今後もグローバルでより多くの方々にHondaJetとHondaJet Eliteをお届けし、お客様の生活の可能性をさらに拡げていきたいと思います」

 

Image Credit:ホンダ エアクラフト カンパニー
■小型ビジネスジェット機「HondaJet」が2018年上半期でカテゴリートップのデリバリー数を達成
https://www.honda.co.jp/news/2018/c180807.html

関連記事

ページ上部へ戻る