テラドローン、ドローン空撮の交通量計測ソフトウェアを開発。AIによる自動認識も可能

テラドローンは、ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発しました。

従来の人による交通量計測では、高コストかつ情報量が少なく、定点カメラでは設置コストや広域の計測ができないという課題がありました。
テラドローンの開発した計測ソフトウェアでは、一般的なドローンを利用し空中からビデオ撮影する事で低コストかつ自動的に交通量を計測する方法を実現しています。

ドローンを利用する事により、広域での計測を無人で行うことができ、AIを用いた自動解析による「車や人の速度」「走行軌道」「車種毎の交通量」などの幅広いデータを取得する事が可能となります。人件費の大幅削減にも貢献するだけでなく、これまで以上の広域調査ができるようになります。

また、今後は人口流動のデータ取得や、マーケティングへの利活用も視野にいれたシステムの開発にも着手します。

 

Image Credit:テラドローン株式会社
■テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発
https://www.terra-drone.net/

関連記事

ページ上部へ戻る