ひとみ後継機「XRISM」と月着陸機「SLIM」、2021年度に打ち上げ延期

JAXAは2018年8月2日、「X線分光撮像衛星(XRISM)」「小型月着陸実証機(SLIM)」の打ち上げを2021年度に延期すると発表しました。

XRISMは2016年に打ち上げられたものの、軌道上で破損したX線天文衛星「ひとみ」の後継機となります。従来の30倍以上の分光性能を誇るX線マイクロカロリメータ分光撮像器を搭載し、宇宙の高温プラズマや、エネルギー輸送過程と天体の進化を解明する予定です。

一方SLIMは100mオーダーという月への高精度着陸技術を実証し、月惑星探査の高頻度化に貢献することが期待されています。

なおXRISMとSLIMは、「H-IIA」ロケットで同時に打ち上げられることになります。

Image Credit: JAXA
■X線分光撮像衛星(XRISM)プロジェクト移行審査の結果について

JAXA | X線分光撮像衛星(XRISM)プロジェクト移行審査の結果について
「X線分光撮像衛星(XRISM)プロジェクト移行審査の結果について」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。

■小型月着陸実証機(SLIM)の計画見直しについて

JAXA | 小型月着陸実証機(SLIM)の計画見直しについて
「小型月着陸実証機(SLIM)の計画見直しについて」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。

(文/塚本直樹)

ページ上部へ戻る