JALと中國東方航空、2019年度に共同事業の開始。日本=中国間の利便性向上

JALと中国東方航空は、利便性とサービス向上を目的とした共同事業実施に向けた覚書を締結しました。

両社は2002年より「日本=中国間」の両社運航便でコードシェアを開始しています。この提携をさらに強化すべく、「日本=中国間」の路線および、JALの日本国内線、東方航空の中国国内線の一部を対象とした共同事業の開始を2019年度中に目指します。

この共同事業が実現する事で、日本国内50都市以上、中国国内80都市以上のネットワークが結ばれ、ユーザーの利便性が向上される事となります。

 

Image Credit:日本航空株式会社/中国東方航空
■JALと中国東方航空、共同事業に向けた覚書に合意
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000030684.html

関連記事

ページ上部へ戻る