JAL、国際線中長距離LCCの準備会社「株式会社ティー・ビー・エル」設立

JAL(日本航空)は2018年7月31日、新規国際線中長距離LCCの準備会社「株式会社ティー・ビー・エル」を設立したと発表しました。

JALは今年5月には国際線中長距離LCCの設立を発表していました。今回の発表では、ティー・ビー・エルは成田国際空港を拠点にアジア・欧米など中長距離国際線へと2020年夏季スケジュールでの就航を目指すとしています。

ティー・ビー・エルの本店は千葉県成田市のJAL成田オペレーションセンター内に設置され、資本額は9億8000万円(資本金は4億9000万円)、株主としてJALが100%出資しています。代表取締役は西田真吾氏で、取締役会後に社長への就任が予定されています。

Image Credit: JAL
■「株式会社ティー・ビー・エル」設立のお知らせ
http://press.jal.co.jp/ja/release/201807/004821.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る