今度は空を飛ぶ。ドローンの要素を取り込んだフライングハンドスピナーが登場

様々な進化を遂げてきたハンドスピナーですが、今度の新型はドローンの要素を取り入れた空飛ぶハンドスピナー
フライングハンドスピナー」と名付けられたこの商品は17gの小型の筐体に180mAhのバッテリーを搭載しています。コントローラーは付属しておらず、ハンドスピナーとプロペラの回転により飛翔する仕様となります。

また、ドローンの様に空高く飛ぶ物ではありませんが、手のひらからゆっくる上昇させたり、ブーメランの様に戻ってくるアクション、キャッチボールの様に2人で投げ合うなど、フライングハンドスピナーならではの楽しみ方があります。

本体はプロペラガードも影響もあり少々厚めですが、サイズ感は一般的なハンドスピナーと同様。
バッテリー駆動時間は約4分と、ちょっとしたパフォーマンスとして注目を集めそうです。

 

ハンドスピナー今までに、LEDを搭載し光る物、SDカードスロットとスピーカーを搭載した物やBluetoothスピーカーになるハンドスピナー、スマホ用のリングがスピナー機能を付加したり、カードリーダーやUSBメモリをハンドスピナー化した製品も存在するなど、知らず知らずのうちに様々な進化を続けています。

最終的な進化としてハンドスピナーを携帯電話化した商品も発売されていますが、今回のドローン機能搭載の様にその時代やブームに応じた新しい機能を追加したハンドスピナーがこれからも登場していきそうですね。

 

Image Credit:Hitec Multiplex Japan, Inc.
■フライングハンドスピナー
http://www.hitecrcd.co.jp/products/weekender/fhs/

関連記事

ページ上部へ戻る