スペースX「ファルコン9」打ち上げ成功 テレサット「Telstar 19V」投入


 
宇宙開発企業のスペースX社は2018年7月22日(現地時間)、「ファルコン9」ロケットの打ち上げに成功しました。ロケットはテレサット社の通信衛星「Telstar 19V」を目標軌道へと投入しています。
 
今回打ち上げられた最新バージョンの「ブロック5」となるファルコン9は、フロリダのケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。また、ロケット1段目のドローン船への着陸にも成功しています。なお、このファルコン9の1段目は今回が初めての打ち上げとなりました。
 
ロケットに搭載されていたのは、テレサットの通信衛星「Telstar 19V」。こちらは上空3万5800kmの静止軌道に投入され、アメリカと大西洋地域にブロードバンドサービスを提供します。
 
なお、次回のファルコン9の打ち上げは7月25日のイリジウム人工衛星、8月2日のテレコム・インドネシアの人工衛星となります。
 
Image Credit: スペースX
■SpaceX Launches Communications Satellite on 2nd-Ever Flight of New Rocket
https://www.space.com/41244-spacex-launches-communications-satellite-telesat.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る