クラウドファンディングから生まれたスマホケース一体型ドローン「SELFLY」日本発売決定

 
SELFLY cameraは、スマホケース一体型ドローン 「SELFLY (セルフライ)」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「Kibidango」で開始しました。
 
SELFLY」は海外のクラウドファンディングサイトで目標金額に達成し、製品化が実現したスマートフォンケース一体型で持ち歩けるカメラ付きドローン。iOSやAndroidのスマートフォンアプリに対応しており、一体型のケースから取り外して手軽にドローンを操作できます。
 
本体には12メガピクセルのカメラを搭載しており、1080pのフルHD動画撮影や、自動操縦安定機能によるホバリングをしながら自撮りも可能という特徴があります。
 
SELFLY」のケースに対応するスマートフォンは、iPhone6〜X、Galaxy S6〜S9のPlusを含むそれぞれがラインナップ。iPhoneやGalaxy以外のスマートフォンには4〜6インチ端末対応の汎用性のあるユニバーサルケースが用意されています。
 

 
親和性の高いスマートフォンとケースとドローン。スマートフォンケースとしては少々分厚くなってしまいますが、荷物を増やさずにドローンを気軽に持ち運べるのは良いですね。
 

 
Kibidango」では、7月19日現在で目標の約2倍の支援金が集まり、既に日本発売が決定。締切の8月19日までは先行予約として「SELFLY」の支援者になることができます。
 
Image Credit:SELEFY camera LTD./youtube
■「Indiegogo」で1.5億円以上の支援金を集めた、スマホケース一体型高性能ドローンカメラ「SELFLY (セルフライ)」が日本初上陸
https://www.selfly.camera/

関連記事

ページ上部へ戻る