季節変化がもたらす火星地表のクモのような模様


 
上の画像は、NASAのマーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)が撮影した冬の火星の南極です。撮影日時は2018年5月13日となっています。
 
火星では春になると地中の二酸化炭素が加熱され昇華し、火星表面に「アラネイドフォーム・テラリアン(araneiform terrain)」と呼ばれる、まるでクモのような土手を形成します。そしてこの地中にガスは閉じ込められるのです。
 
やがてガスの圧力が高まると、地上へと噴出し周囲に黒い塵を噴出します。そして上の画像のような、黒い模様が形成されるのです。
 
Image Credit: NASA
■Jamming with the ‘Spiders’ from Mars
https://www.nasa.gov/image-feature/jpl/jamming-with-the-spiders-from-mars
(文/塚本直樹)

関連記事

満月まで2018年8月26日
あと10日です。
ページ上部へ戻る