木星にて新衛星を12個発見 合計79個に


 
木星で12個の衛星を新たに発見したと、米カーネギー研究所のチームが報告しています。これにより、木星の衛星の数は合計79個になりました。
 
今回の発見には、チリにあるブランコ望遠鏡が利用されました。当初は太陽系の第9惑星を探していた研究チームですが、その過程で2017年3月にこれらの衛星を発見したのです。衛星のサイズは1マイル以下から約2マイルまでとかなり小さく、2個は木星と同じ方向、9個は木星から約2500万kmの位置で逆方向、そして1個は9個の衛星と同じ場所を順方向に周回しています。
 
なお、木星の79個の「月」は太陽系惑星でも最大の数となります。
 
Image Credit: Carnegie Science
■Astronomers have found a new crop of moons around Jupiter, and one of them is a weirdo
https://www.theverge.com/2018/7/17/17577784/jupiter-moons-carnegie-science-blanco-telescope-valetudo
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る