DJI、ドローン測量を効率化できる「MATRICE 600 PRO for TS」を発売。標定点不要の空中写真システムを搭載

 
DJI JAPANとトプコンは、世界初の標定点を不要の空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」に対応した業務用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」を発売しました。
 
TSトラッキングUAS」とは、国土交通省の定める空中写真測量を用いた出来形管理要領、空中写真測量を用いた出来形管理の監督・検査要領に対応した、カメラ位置を直接計測できる写真測量システムです。また、国土交通省が推進するNETIS(New Technology Information System)に登録されており、様々な測量・建築現場において高精度で効率的な写真測量が可能となっています。
 
ドローンに搭載したカメラに専用のプリズムを取り付け、自動追尾型トータルステーションで連続測定することで、カメラ位置を直接計測できる「TSトラッキングUAS」により、従来必要だった標定点の設置や計測が不要となり、作業効率が向上する仕組みです。
 

 
MATRICE 600 PRO for TS」の製造はDJI JAPANの正式代理店で官庁向けドローンのカスタマイズ実績のある日本サーキットが行い、7月18日より全国のトプコン正規販売代理店で販売開始されます。
 
Image Credit:株式会社トプコン/DJI JAPAN株式会社
■ドローン測量を効率化、空中写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」を発表
http://www.topcon.co.jp/news/20180718-25271.html

関連記事

ページ上部へ戻る