宇宙ビジネスコートとS-NETが提携し、宇宙ビジネス参入をサポート

 

 
宇宙ビジネスコートは、スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)のビジネス相談窓口として、宇宙ビジネスを志す個人や企業等の取組を持続的に支援する事を発表しました。
 
宇宙ビジネスコートは、一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)が運営する、宇宙を利用した新しいサービスの事業化をアイデア段階から支援する日本初のプラットフォームです。30年にわたり、地球観測センサー・地球観測衛星の開発・運用、衛星データの提供・解析に携わっている、宇宙利用に関する多くの知見とネットーワークを有する非営利団体として活動しています。
 
S-NETは、内閣府・経済産業省が主催する、宇宙をキーワードにした新産業・サービス創出に関心をもつ企業・個人・団体等が参加するネットワーキング組織。各地におけるセミナー等の実施を通じた、宇宙産業や多様な企業が参加する一大ネットワークを形成しています。
 
この2つのサービスが提携する事で、宇宙ビジネス事業の実行段階における課題の解決に向けたサポートが可能になります。既に、宇宙ビジネスコートにてアイデアをカタチ化した事業は5件。現在進行中で2件がカタチ化に向けてプロジェクトを進めています。
 
「宇宙ビジネスを考えている」「宇宙事業に新規参入したいと考えている」しかし、どうしたらいいのか分からないと感じている方、まずは宇宙ビジネスコートS-NETのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
 
Image Credit:宇宙ビジネスコート/S-NET
■宇宙ビジネスコートは、S-NETのビジネス相談窓口として、宇宙ビジネスを志す個人や企業等の取組を持続的に支援します
https://www.bizcourt.space/news/2018/07/s-net-3.html

関連記事

ページ上部へ戻る