ジェットスターが「パイロット」にスポットを当てたドキュメンタリームービー公開

 
ジェットスター・ジャパンは、空の旅の安心と安全を守るスタッフにスポットを当てたドキュメントムービー「ジェットスター プロフェッショナルズ」の第二弾を公開しました。
 
今回のスポットは「パイロット」。ジェットスター・ジャパン初の女性パイロットをはじめ、操縦桿を握る機長や副操縦士にリアルに密着しています。
 

 
信頼はするけども、信用はしない。副操縦士が下の立場でなくしっかりと役割を認識し、時には指摘も出来るような関係が重要。パイロット資格は半年ごとに試験と審査があり、常に新しい認識と知識が求められることも語られています。
 
動画の後半では、ジェットスター初の女性パイロットのインタビューも収録されるなど、様々な「リアル」が2分間に凝縮されたムービーとなっています。また、今年の1月に公開された第一弾「整備士編」は、なんと125万回再生という大きな反響を得ました。
 
旅客機を利用するだけでは中々知る事の出来ない現場の様子を知ることができる貴重なドキュメントムービーとして第三弾にも期待したいですね。
 


 
Image Credit:ジェットスター・ジャパン株式会社/youtube
■ジェットスタープロフェッショナルズ
http://campaign.jetstar.com/professionals/
(ヤマグチ)

関連記事

ページ上部へ戻る