みちびき対応のスマートウォッチ新製品。GPS測位しながら音楽再生、非接触型決済に対応

スポーツウォッチやハンディGPSで有名なガーミンから、準天頂衛星システムみちびき対応のアクティビティトラッカーの最新モデル「vivoactive 3 Music(ヴィヴォアクティブスリーミュージック)」が7月26日から発売されます。

vivoactive 3 Music」は、従来のvivoシリーズにBluetoothを用いた音楽再生機能や、かざすだけで決済ができるGarmin Payに新たに搭載したタッチスクリーン対応のGPSスマートスポーツウォッチ

日本の上に長い時間とどまるような軌道を描いて飛んでいる「準天頂衛星システムみちびき」の衛星測位サービスに対応する事で、より正確な位置情報を受信・記録する事ができます。
位置情報は専用のアプリを介してスマートフォンで管理することも可能。

また、Bluetooth接続で保存数最大500曲の音楽を再生、NFC方式の非接触型決済機能に対応、腕に装着するだけで手軽に位置情報を記録可能、直射日光の下でも高い視野性を実現しているなど、スマートフォンのバッテリーをなるべくセーブしたい登山や野外活動に最適です。

実際にスマートフォンで利用する際の高精度なGPS受信設定は消費電力が高く、長時間の利用に向いていません。
それにハンディGPSやGPS受信専用ではどうしてもかさばってしまうので、「vivoactive 3 Music」といったマルチな機能を搭載する専門メーカーの腕時計型機という手軽さが良いですね。

その他の「準天頂衛星システムみちびき(QZSS)」に対応しているデバイスを確認するには公式サイトを参照してください。
その他のスポーツウォッチでは、エプソンのGPSランニングギア/トラッキングギアカシオ計算機のPRO TREK SmartAppleのApple Watch Series 2以降などが対応しています。

 

Image Credit:GARMIN
■vívoactive® 3 Music Black
http://www.garmin.co.jp/products/intosports/vivoactive-3-music-black/

関連記事

ページ上部へ戻る