3Dで見るリュウグウ 赤青メガネで連続写真動画の立体視も可能


 
とうとうJAXAの探査機「はやぶさ2」が到着した、小惑星「リュウグウ」。そのリュウグウの3D連続写真の動画がプロジェクトサイトにて公開されています。
 
今回の3D連続写真は、2018年6月23日に望遠の光学航法カメラ(ONC-T)で撮影したデータから作成されたものです。約40km離れた場所から小惑星の自転をおそよ10度刻みでとらえています。さらに、赤青のメガネ(右目が青)を装着すればリュウグウが立体的に閲覧できます。
 
またこちらのプロジェクトサイト(リンク)では、3D連続写真のオリジナルファイルが閲覧できます。
 
Image Credit: JAXA, 会津大, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 産総研
■これがリュウグウ – 3Dで見る全体像
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180710je/index.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る