プログレス補給船が宇宙ステーション到着 わずか4時間未満の早業


 
ロシアの「プログレス」補給船が2018年7月9日、国際宇宙ステーション(ISS)へと到着しました。打ち上げから到着まで4時間とかからない、最も短い飛行時間だったことも記録されています。
 
「プログレス70」として打ち上げられた今回のミッションでは、内部に3トン近い物資を搭載して打ち上げが行われました。そして地球をわずか2周した後に、ISSとドッキング。これまでで最も短い飛行時間の記録は、約6時間で地球を4周した後にドッキングというものでした。
 
なお、プログレスは2019年1月までISSへと接続され、内部にゴミなどを詰め込んだ後に大気圏で燃え尽きる予定です。
 
Image Credit: NASA
■Russian Cargo Ship Sets New Record for Fastest Trip to Space Station
https://www.space.com/41112-russian-cargo-ship-record-iss-arrival-progress70.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る