日に地球を16周。国際宇宙ステーションから見た地球と月

スペシャリスト:

NASAは7月10日、地球と月を捉えた一枚の写真を公開しました。

写真は、欧州の宇宙飛行士アレキサンダー・ガースト氏が自身のツイッターに載せたもので、「ISS(国際宇宙ステーション)は日に約16回、地球の周りを周回しています。私たちは毎日、月まで行っては帰ってきているのです」とコメントしています。

ISSは世界で唯一の軌道実験室であり、アメリカ、ロシア、欧州、日本、カナダのパートナーシップによって運用されています。ガースト氏が言うように、地球の周りを日に16周ほど軌道し、一周に擁する時間は90分ほど。

また地球の周囲は約4万km、そして月までの距離は約38万kmといわれていますから、日に64万km以上も軌道し続けるISSは、月への宇宙旅行を毎日行っているようなものなのでしょうね。

 

Image Credit : NASA
A Closer View of the Moon
https://www.nasa.gov/image-feature/a-closer-view-of-the-moon
(ヤマグチ)

ヤマグチ

神奈川県生まれ、地方在住のライター。

空を見上げると、童心に帰るよね、と。

知識では専門家には及ばないですが、感動と感性を大事に、皆とシェアしてゆきたい。

「宇宙兄弟」は好きで読んでいました。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報