ヴァージン・オービット、航空機から打ち上げる「LauncherOne」認可取得 今夏終わりにもミッション予定

スペシャリスト:


 
航空機からのロケット打ち上げを目指すヴァージン・オービットは、FAA(連邦航空局)から「LauncherOne」の初ミッションの認可を取得しました。実際の打ち上げは今夏終わりが予定されています。
 
ヴァージン・オービットの計画では、「ボーイング 747-400」に係留された「LauncherOne」ロケットが打ち上げられることになります。打ち上げ場所はカリフォルニア付近で、ロケットのペイロードとしてはダミー質量だけでなくキューブサット(小型人工衛星)も搭載されるんだとか。ただし、その詳細については明かされていません。
 
このような航空機からの打ち上げは、天候に左右されず即応性があるなどのメリットがあります。また、ヴァージン・オービットは初打ち上げの前にいくつかのテストを実施する予定です。
 
Image Credit: ヴァージン・オービット
■Virgin Orbit Wins FAA License for First LauncherOne Mission
https://www.space.com/41059-virgin-orbit-faa-license-first-launcherone-mission.html
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報