空飛ぶクルマ、近い将来実現したら乗ってみたい?

参考画像:CARTIVATOR

空飛ぶクルマ、乗ってみたい?

 
近い将来、航空とドローンの中間に「空飛ぶ車」が登場するかもしれません。現在も様々な会社が空飛ぶ車の研究や、試験サービスを行うなど、実現に向けて着実に進んでいる状況です。
 
AQU先端テクノロジー総研は「近い将来もし仮に乗れるとしたら、どんなものに乗ってみたいですか?」とのアンケートを会社員・公務員・経営者の2300人に取ったところ、約60%の人が「空飛ぶクルマに乗ってみたい」と実に5人に3人の割合で乗りたいとの結果が出ました。合わせて「空飛ぶタクシーがもしあれば利用してみたい」には約46%が利用してみたいと答えています。
 
また、アンケートコメントを見ると「災害時に役立てる考えは大いに賛同できる。」「地上と空の使い分けをして、空はタクシーや緊急車両など専用で使えば、急ぎの場合や緊急を要する場合に大いに活躍すると思う。」「震災時に役立つ機能があれば素晴らしいと思う。」という声が多く見られ、緊急時や災害時の利用に期待されている事が分かりました。
 
Image Credit:CARTIVATOR
■「空飛ぶクルマ」、5人に3人が乗ってみたい! 用途は、災害対策、救命などに期待の声!
[http://www.aqu.com/aqu-news/2018-7-5.pdf]

関連記事

ページ上部へ戻る