「スペースワン」小型ロケット運用へ キヤノン電子やIHIエアロら、2021年度の事業化目指す


 
キヤノン電子やIHIエアロスペースらは、小型ロケット打ち上げ事業を推進する「スペースワン(SPACE ONE)」を共同出資のもと設立したと発表しました。
 
上記2社や清水建設、日本政策投資銀行によって設立されたスペースワンは、専用の小型ロケットと射場を用意することで世界最短の契約から打ち上げまでの期間と、世界最高頻度の打ち上げを目指すと発表してます。また同時に、宇宙へのアクセスコストを引き下げることも目標としています。
 
公式ホームページでは、リモートセンシングや衛星インターネット、スペースデブリの除去などの打ち上げ事業例があげられています。また共同通信による以前の報道では、スペースワンの射場は和歌山県串本町で検討されているとも伝えられています。
 
スペースワンは2021年度中の事業化と2020年代半ばに年間20機の打ち上げを目指しています。同時期には北海道大樹町を拠点とするインターステラテクノロジズも衛星ロケットの打ち上げを目指しており、いよいよ2020年代からは日本でも民間企業による宇宙開発が盛んになりそうです。
 
Image Credit: スペースワン
■スペースワン
http://www.space-one.co.jp/index.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る