次世代戦闘機用ジェットエンジンのプロトタイプ「XF9-1」、防衛装備庁に納入

IHIは、将来の戦闘機用を目指したジェットエンジンのプロトタイプ「XF9-1」を防衛装備庁航空装備研究所に納入しました。
 
XF9-1」は推力15トン級のジェットエンジンで、世界最先端のコンピュータシミュレーションを駆使した設計技術、日本が世界に誇る材料技術・加工技術が各所に施されています。
 
IHIは2010年度より世界最先端の技術を取り入れた戦闘機用エンジンの研究を開始。2013年度の「戦闘機用エンジン要素の研究試作」、2015年度の「戦闘機用エンジンシステムの研究試作」を経て「XF9-1」を開発し、2018年6月に所定の機能性能を満たしたことから防衛装備庁に6月29日に納入する流れとなりました。
 
Image Credit:株式会社IHI
■将来の戦闘機用を目指したジェットエンジンのプロトタイプ(XF9-1)を納入
https://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2018/aeroengine_space_defense/2018-6-29/index.html

関連記事

ページ上部へ戻る