ロケット「MOMO2号機」離床後に落下し炎上か 人的被害なく、詳細把握中


 
インターステラテクノロジズは2018年6月30日、北海道大樹町にて観測ロケット「MOMO2号機」の打ち上げ実験を実施しました。ロケットは一度離床したものの、その後落下し炎上。現在、詳細の把握が行われており、人的被害は報告されていません。
 
MOMO2号機は全長10m、太さ50cm、重量1.15tの液体燃料ロケット。2017年7月に打ち上げが実施された「MOMO初号機」から構造を強化し、さらにロール制御の方式も変更しています。また、今回はペイロードとして「インフラサウンドセンサー」を搭載しています。
 
詳細は状況が判明し次第、お伝えさせていただきます。
 
Image Credit: 塚本直樹
■インターステラテクノロジズ
[http://www.istellartech.com/]
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る