世界で観測された「ストロベリームーン」


 
2018年6月28日の夜には、満月「ストロベリームーン」が昇りました。
 
ストロベリームーンとは、北米の先住民による「いちごの収穫時期」を伝える満月、という言い伝えから名付けられたものです。また月は地面に近いほど大きく、そして赤く見えることから、世界中の天文ファンが満月の観測を楽しんだのです。
 
なお、7月28日には「バック・ムーン(Buck Moon)」が昇ります。これは、牡鹿の角の生え変わりを意味しているそうです。
 
Image Credit: Miguel Claro
■Huge ‘Pink Moon’ Rises in Daylight Over Portuguese Castle (Photo)
https://www.space.com/41018-huge-pink-moon-portuguese-castle-photo.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る