星に願いを。七夕をイメージの和菓子「ねがいごと」菓子匠末広庵から発売

 
株式会社スエヒロが経営する老舗和菓子店 菓子匠末広庵から七夕限定の星型もなか「ねがいごと」が限定発売されます。
 
菓子匠末広庵は1952年(昭和27年)に川崎大師のお膝元で創業した老舗和菓子店。これまでに川崎大師にちなんだ数多くの商品を販売してきましたが、今年は七夕限定となるゆめかわいいをコンセプトとした3種のもなかである「ねがいごと」を開発しました。
 
栃木県産の苺を使用した「苺みるく餡」、宇治抹茶を贅沢に使用した「抹茶みるく餡」、瀬戸田産レモン果汁を白餡に混ぜた「瀬戸内レモン餡」はいずれもパステルカラーで可愛さを演出。透明なパッケージに三角に並んだ3つの星と短冊に見立てた商品タグは、夏の大三角形に願い事した七夕のイメージにぴったりですね。
 

▲短冊に見立てた商品タグのパッケージ

▲苺みるく餡

▲瀬戸内レモン餡

▲抹茶ミルク餡

 
発売期間は6月29日(金)から7月7日(土)まで。店頭または広末庵のオンラインショップで販売されます。
 
Image Credit:株式会社スエヒロ / 末広庵
■川崎の老舗和菓子店から七夕限定ゆめかわ“もなか”新登場  『ねがいごと』6月29日~7月7日期間限定販売
https://www.atpress.ne.jp/news/159819

関連記事

ページ上部へ戻る