「クイーン」ブライアン・メイ氏によるリュウグウ立体視用画像が公開

イギリスのロックバンド「クイーン」のギタリストで、天文学者でもあるブライアン・メイ氏によるリュウグウの立体視用に加工された画像がTwitterにて公開されました。

この2枚のリュウグウの画像は13分差で撮影された物。
わずかに角度がずれているこの画像をVRグラスや3Dメガネで見ることで、表面の凸凹をよりリアルに確認することができます。

慣れている方は裸眼でも立体視できるようなので、スマートフォン越しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、はやぶさ2のリュウグウ到着の記者会見場ではブライアン・メイ氏のビデオメッセージも先行して公開されました。一般公開は近日中とのことです。

 

Image Credit:Twitter / 大貫剛
[https://twitter.com/DrBrianMay/status/1011807159921856523]

関連記事

ページ上部へ戻る