ベゾス氏のブルー・オリジン、宇宙旅行チケットを2019年に発売へ


 
アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が創立した宇宙開発企業「ブルー・オリジン」は、2019年から宇宙旅行のチケットの販売を開始する予定だと公式に発言しました。
 
ブルー・オリジンはサブオービタルロケット「ニュー・シェパード」にて、高度100kmの宇宙旅行や科学実験などを計画しています。ブルー・オリジン副社長のロブ・マイヤソン(Rob Meyerson )氏によれば、乗客を乗せた初のテスト飛行が「近々」実施されるとのこと。そして、2019年に一般旅客に向けたチケット販売が開始されるのです。
 
ただし、ブルー・オリジンによる宇宙旅行の価格はまだ決定されていません。なお同社はすでにニュー・シェパードの8回の打ち上げに成功しており、次回打ち上げは夏を予定しています。ブルー・オリジンのロケットは打ち上げ高度の違いはありますが、スペースXの「ファルコン9」のようにブースター部分の着陸と再使用が可能です。また、上部の宇宙船部分には6人の搭乗が可能となっています。
 
Image Credit: ブルー・オリジン
■Blue Origin plans to start selling suborbital spaceflight tickets next year
http://spacenews.com/blue-origin-plans-to-start-selling-suborbital-spaceflight-tickets-next-year/
(文/塚本直樹)

関連記事

満月まで2018年8月26日
あと10日です。
ページ上部へ戻る