火星では、クレーターの底に砂丘が形成されることがよくあります。上の画像は、リオット・クレーター(Lyot Crater)にて撮影された青みを帯びた砂丘です。
 
NASAの火星探査衛星「マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)」によって撮影された上の砂丘は、色が強調さているものの、その素材か組成が周囲と異なっていることから周囲から浮き立って見えていると考えられます。
 
なお、画像は2018年1月24日に撮影されたものです。画像のスケールは1ピクセルあたり25cmとなっています。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizon
■Once in a Blue Dune
https://www.nasa.gov/image-feature/jpl/once-in-a-blue-dune
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る