エアバス、A330neoの実地飛行試験を実施 5大陸15都市をツアー


 
エアバスは2018年6月18日(現地時間)、ワイドボディ機「A330-900neo」が商業運航に向けた実証飛行試験ツアーを開始したと発表しました。
 
このツアーでは、A330-900neoは5大陸・15都市を周り、150飛行時間のフライトを予定しています。また、ボディカラーとしてローンチ・オペレーターとなるTAPポルトガル航空のペイントが施されています。
 
Image Credit: エアバス
■Airbus A330neo en route to function and reliability tests
http://www.airbus.com/newsroom/press-releases/en/2018/06/airbus-a330neo-en-route-to-function—reliability-tests.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る