成田空港、「航空機事故消火救難合同訓練」を6月15日実施

 
成田国際空港は、航空事故の発生を想定した「航空機事故消火救難合同訓練」を行います。これは事故発生直後の初動活動に主軸を置き、関係機関の連携をより強化する目的があります。
 
日程は、2918年6月15日(金) 13:30〜15:00で雨天決行。場所は成田国際空港A滑走路西側 NAA消火訓練所にて行われます。
 
主な訓練項目は以下の通りです。
・関係機関相互間の情報伝達及び出動
・航空機火災を想定した消火
・負傷者の救出、避難誘導及び搬送
・救護所等の設営、負傷者選別及び救護処置
・現場調整所の開設及び運用
・事故に係る各種警備及び規制等
 
また、大規模な航空機事故消火救難総合訓練は2018年10月に予定されます。
 
Image Credit:成田国際空港株式会社
■航空機事故発生時の初動活動に主軸を置いた「航空機事故消火救難合同訓練」を実施します!
https://www.naa.jp/jp/20180608-goudoukunren.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る