「地球低軌道(LEO)有人活動における事業共創」事業提案受付を開始


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年6月8日、「地球低軌道(LEO)有人活動における事業共創」に関する事業提案受付を開始したと発表しました。
 
この地球低軌道(LEO)有人活動における事業共創とは、民間事業者等との共創により事業化を目指す新しい研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」に基づくものです。
 
提案が想定されているのは1、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟等を活用した事業(ただし既に事業自立化(民間への開放)した超小型衛星放出事業は除く):2、将来のLEO有人宇宙活動も対象とした事業となります。
 
提案受付は8月8日15時(郵送の場合は必着)となり、提案先・連絡先は以下のとおりとなります。また、本事業共創機会に係る説明会も別途開催予定で、詳細は宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)サイトに掲載され、6月15日(金)までにメールを送れば通知も受け取れます。
 
新事業促進部 事業開発グループ J-SPARC担当
住所: 〒101-8008 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
電子メール: J-SPARC_LEO@jaxa.jp
 
Image Credit: JAXA
■「地球低軌道(LEO)有人活動における事業共創」機会のお知らせ(AO)
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180608_jsparc_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る