国際宇宙ステーションに新クルー3人が到着 12月まで滞在


 
ソユーズ宇宙船に搭乗した3人の宇宙飛行士が2018年6月8日(現地時間)、国際宇宙ステーション(ISS)へとドッキングし、内部へと移動しました。
 
6月7日にバイコヌール宇宙基地からソユーズロケットによって打ち上げられたのは、第56次長期滞在クルーとして参加したNASAのセリーナ・オナン・チャンセラー宇宙飛行士、ESA(欧州宇宙機関)のアレクサンダー・ゲルスト宇宙飛行士、ロシアのセルゲイ・プロコピエフ宇宙飛行士です。
 
これでISSの搭乗クルーは6人体制となり、すでに滞在していたクルーは10月まで、そして今回の3人は12月までISSに滞在する予定です。
 
Image Credit: NASA/Joel Kowsky
■New Crew Arrives at the International Space Station
https://www.nasa.gov/image-feature/new-crew-arrives-at-the-international-space-station
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る