「Girls’ Rocketry Challenge」第2期参加校、モデルロケット全国大会で受賞


 
ロッキード・マーティンは2018年6月7日、「Girls’ Rocketry Challenge(ガールズ・ロケットリー・チャレンジ(女子ロケットチャレンジ))」に参加した3校のチームが、第32回モデルロケット全国大会にて3つの賞を受賞したと発表しました。
 
5月19日に開催されたこの大会では、岩瀬日本大学高等学校(茨城県)がパラシュート滞空時間競技で1位を、そして総合成績で3位に入賞。また大会の最優秀女子チームとしてロッキード・マーティン賞を受賞しました。同チームのメンバーは「モノ作りの繊細さと、協力して作り上げる達成感を知ることができました」と語っています。
 
Girls’ Rocketry Challengeはロッキード・マーティンによるSTEM(科学・技術・工学・数学)教育プログラムで、2016年10月に開始。女子中高生へのモデルロケット指導、およびモデルロケット全国大会とロケット甲子園の協賛をおこなっています。

Image Credit:ロッキード・マーティン
■ロッキード・マーティン
https://www.lockheedmartin.com/en-us/index.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る