金井宣茂宇宙飛行士、無事帰還 宇宙ステーションに168日間滞在


 
国際宇宙ステーション(ISS)における長期滞在ミッションを終了した金井宣茂宇宙飛行士は、2018年6月3日(現地時間)にソユーズ宇宙船に搭乗しカザフスタン共和国に着陸・無事帰還しました。
 

 
金井宇宙飛行士はロシアのアントン・シュカプレロフ飛行士、アメリカのスコット・ティングル飛行士とともに地上に帰還。第54次/第55次長期滞在クルーは宇宙に168日間滞在したことになります。
 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の山川理事長は、「医師の金井宇宙飛行士はミッションテーマ『健康長寿のヒントは宇宙にある。』の下、科学実験だけでなくISSロボットアームに関わるメンテナンス作業や米国ドラゴン補給船の把持、超小型衛星の放出などに貢献してくれました」とコメントを寄せています。
 
Image Credit: Roscosmos
■金井宣茂宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(53S/MS-07)の帰還について
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180603_53s_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る