DJIの大型物資輸送ドローン「QS8」、災害時等業務協力協定にて採用


 
DJI社製の大型物資輸送ドローン「QS8」が、岩手県ドローン協会と岩手県雫石町で締結された災害時等業務協力協定にて採用されました。大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に「QS8」が出動します。
 
岩手県雫石町は、2013年8月の県央部豪雨により一部の地域が孤立した事や近隣地域に岩手山と秋田駒ヶ岳といった活火山もあるため、いつ起こるか分からない様々な災害時の対応としてドローンの導入を検討し、岩手県ドローン協会に協力を働きかけました。会員企業でQS8を2機所有している事、高度な操縦技術を持った経験豊富なドローンオペレータを複数名抱えているなどから、今回の災害防災協定に繋がったとしています。
 
今回採用されたDJI社製「QS8」は新型制御基板により電波が遮断されても自動で目的地に着陸する事ができるなど安全面を確保。IP56の防塵防水性能の筐体に最大6キロの物資を積載する事が可能。
災害現場への緊急物資の輸送や被害状況をリアルタイム確認できるため、有事の際にその活躍が期待されています。
 

 
「QS8」は、災害現場への緊急物資の輸送や被害状況をリアルタイム確認できる事を目的とし「DJI JAPAN」「あきる野市」「スカイシーカー」の3社で共同開発された大型産業用ドローンです。
 
Image Credit:スカイシーカー
■DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用!岩手県内市町村初の災害防災協定締結。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000025357.html
■QS8(物資搬送用ドローン)
[http://skyseeker.jp/archives/products/qs800/]

関連記事

ページ上部へ戻る