宇宙船「VSSユニティ」2回目のエンジン飛行に成功 ヴァージン・ギャラクティック社


 
宇宙旅行を目指すヴァージン・ギャラクティック社のスペースプレーン「スペースシップツー:VSSユニティ」が2018年5月29日(現地時間)、カリフォルニアのモハベ砂漠上空にて2回目のエンジン飛行に成功しました。
 
今回のテスト飛行では、VSSユニティは31秒間ロケットエンジンを点火し、予定通りマッハ1.9、高度約35kmに達しました。また乗員用の座席や関連装置を追加した場合の重心の移動も、テストのうちに含まれています。
 
ヴァージン・ギャラクティックは高度100kmの宇宙旅行を目指しています。まず創業者のリチャード・ブランソン氏がテスト飛行で宇宙を目指し、その後に年内の商業運行を開始する予定です。
 
Image Credit: MarsScientific.com and Trumbull Studios
■Success! Virgin Galactic’s VSS Unity Space Plane Aces 2nd Powered Test Flight
https://www.space.com/40723-virgin-galactic-spaceshiptwo-2nd-powered-test-flight.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る