Space BDと三井物産、「きぼう」実験棟からの超小型衛星放出事業で選定

スペシャリスト:


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年5月29日、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星放出事業者として、Space BDと三井物産を選定したと発表しました。
 
きぼうではロボットアームとエアロックを活用した超小型衛星放出機構(J-SSOD)が利用されており、今後はJAXA単独の有償利用サービスだけでなく、民間事業者による幅広いサービスの提供が目標とされています。
 
JAXAはきぼうの利用事業について、民間などによる事業自立化を目指しています。今回の民間による超小型衛星放出事業は、その第一歩となるはずです。
 
Image: Wikimedia Commons
■国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星放出事業民間事業者の選定結果(「きぼう」利用初の民間開放)について
http://www.jaxa.jp/press/2018/05/20180529_microsat_j.html
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報