「はやぶさ2」をつくる、応援プロジェクト達成で本格リアル模型付きマガジンが実現!


 
デアゴスティーニは、小惑星探査機「はやぶさ2」をつくるの応援プロジェクトを開始しました。目標が達成されれば、本格リアル模型付きマガジンシリーズの販売が決定します。
 
はやぶさ2は小惑星「リュウグウ」からのサンプルリターンミッションを目指す日本の探査機で、いよいよ6月21日〜7月5日の小惑星到達が予測されています。そして小惑星のサンプルからは、太陽系や生命の成り立ちの解明が期待されているのです。
 

 
本格リアル模型のはやぶさ2は1/10スケールで、素材はABS、スチール、亜鉛合金。またイオンエンジンが点灯するなど、ギミックも作り込まれています。マガジンは全30号を予定し、1号あたりの価格は2,490円。2018年秋の創刊を予定しています。そして申込み5000件で商品化が決定されますが、まだ2000件の申し込みが必要な状態です。
 
応援プロジェクトの締切は2018年7月31日まで。申込みはこちらの公式ページから可能で、今ならプレエントリー特典も用意されています。
 
Image Credit: 宇宙かふぇ, デアゴスティーニ
■小惑星探査機「はやぶさ2」をつくる
https://deagostini.jp/hy2/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る