ANAのA380、最終組立工場からロールアウト


 
エアバスは2018年5月25日、ANA(全日本空輸)の「A380」初号機が最終組立工場からロールアウトしたと発表しました。
 
ANAのA380初号機は尾翼にANAのロゴが入っており、今後は別の作業場に移動して構造部の装備を完成させ、エンジンの取り付けやコックピットの装備を行います。さらに、電力システムや油圧、空調システムなどのテストも予定されています。
 
ANA仕様のA380はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席という仕様。さらに、エコノミークラスの60席にはカウチシートも導入されます。ANAはA380を3機発注しており、初号機の導入は2019年春の東京ーホノルル線を予定しています。
 
Image Credit: エアバス
■エアバス
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る