スペースX、宇宙飛行士運ぶ「有人型ドラゴン」最新画像を披露

スペシャリスト:


 
宇宙開発企業のスペースXを率いるイーロン・マスク氏は、宇宙飛行士の輸送に使われる「有人型ドラゴン(ドラゴン2)」の画像を公開しました。
 
スペースXやボーイングはNASAとの契約の元、国際宇宙ステーション(ISS)へと宇宙飛行士の輸送を行います。以前に投稿された動画では、その船内のまるでジムのような洗練されたデザインが公開され、さらにスペースXによる宇宙服のデザインも公開されました。一方で有人型ドラゴンの外観には以前のデザインから変更がくわえられています。
 
現在有人版ドラゴンはオハイオ州グレン研究センターにあるNASAの電波暗室に設置されており、EMI(電磁妨害)テストが実施されます。なお以前の予定では2018年8月に有人版ドラゴンを無人にて打ち上げ(DM-1)、同年12月に宇宙飛行士を搭乗させて打ち上げる(DM-2)はずでしたが、現在は技術的な問題から正確な打ち上げ日程は流動的となっています。
 
海外ソースによれば、DM-1は2018年第4四半期(10月〜12月)、DM-2は2019年第1〜第2四半期(1月〜6月)に実施される可能性も指摘されています。
 
Image Credit: スペースX
■SpaceX’s Crew Dragon Spacecraft Has Evolved Dramatically
https://www.inverse.com/article/45088-spacex-crew-dragon-spacecraft-evolution-photos
■SpaceX’s Crew Dragon spaceship nears first orbital launch test
[https://www.teslarati.com/spacex-crew-dragon-spaceship-launch-test/]
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報