本日予選実施、日本の室屋機の変更は?:レッドブル・エアレース2018 第2戦カンヌ大会


 
風光明媚なカンヌで開催されるレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2018年シーズン第2戦 カンヌ大会。前日のプラクティスから引き続き、本日にはプラクティスと予選が実施されます。
 
プラクティスにて好タイムを記録した日本人パイロットの室屋義秀選手。スタッフの方にお話を伺ったところ、今回から翼端のウィングチップを導入し、飛行特性を変化させているとのこと。さらに、機体のカウルも一新されています。
 
また今回はフランスでの初開催とのことで、フランス人パイロットのミカエル・ブラジョー、ニコラス・イワノフ、フランソワ・ルボット選手の飛行にも注目が集まります。
 
なお今回の大会では生中継が予定されており、NHK BS1では4月22日(日)21時〜22時にラウンド・オブ・14を、そして22日23時〜23日午前0時にラウンド・オブ・8とファイナル4を放送。一方DAZNでは21日(土)23時から予選を、そして22日21時からラウンド・オブ・14、22日23時からラウンド・オブ・8とファイナル4を放送します。
 
Image Credit: 塚本直樹
■レッドブル・エアレース
http://airrace.redbull.com/ja_RU
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る