「アンタレス」ロケット、シグナス補給船打ち上げ ISS補給ミッション


 
2018年5月21日(現地時間)、オービタルATKの「アンタレス」ロケットが打ち上げられました。ロケットには「シグナス補給船」が搭載されており、国際宇宙ステーション(ISS)への補給任務を実施します。
 
ワロップス飛行施設から打ち上げられたアンタレスは、9分後には予定軌道へとシグナス補給船を投入しています。また、補給船は5月24日に国際宇宙ステーションに到達する予定です。
 
シグナス補給船には約3.4トンの補給物資が積み込まれており、第55次長期滞在クルーによって回収されます。内部には小型人工衛星(キューブサット)やレーザーによる極低温実験装置や植物の閉鎖育成装置などが搭載されています。
 
オービタルATKはNASAとISSのへ補給ミッションを2回残しており、これらには「アトラスV」ロケットが利用される予定です。
 
Image Credit: NASA TV
■Antares Rocket Launches NASA Cargo to Space Station in Dazzling Predawn Liftoff
https://www.space.com/40645-orbital-atk-antares-rocket-predawn-launch-oa9.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る