DJI新本社は空に浮かぶ箱のよう

スペシャリスト:


 
ドローン大手のDJIは、中国深センに建設中の新本社のイメージを公開しています。
 
建築デザイン会社のFoster + Partnersが設計するこの建物は、2棟のビルと間をつなぐスカイブリッジからできています。また、ガラスでできた箱が複数集まったようなデザインも特徴です。
 
内部にはオフィスだけでなく研究開発エリアやシアター、それにジムやロボット闘技場も備え付けられています。もちろん、天井の高いドローン飛行スペースも容易。発展を期待されるドローン開発会社として最高の環境が整えられています。
 
具体的な完成日やビルの高さなどは明かされていませんが、いずれはアップルの新本社のような観光名所になるかもしれませんね。
 
Image Credit: Foster + Partners
■The sky’s the limit for DJI’s new HQ
https://newatlas.com/foster-partners-dji-hq/54581/
(文/塚本直樹)

タグ: ,
塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報