TAPポルトガル航空の「エアバスA330neo」が初飛行


 
エアバスは2018年5月15日(現地時間)、ローンチオペレーターとなるTAPポルトガル航空の「A330neo」が初飛行を実施したと発表しました。
 
機体番号「MSN1819」が与えられたA330neoは、4時間32分の初飛行に成功。今後は2017年10月より飛行テストを実施している2機の「A330-900」にくわわり、試験を実施することになります。
 
A330neoは同サイズの航空機で最もコスト性能とパフォーマンスが優れており、2018年夏から引き渡しが開始されます。
 
Image Credit: エアバス
■Launch operator A330neo completes maiden flight
http://www.airbus.com/newsroom/press-releases/en/2018/05/launch-operator-a330neo-completes-maiden-flight.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る