マスク氏、「ファルコン9 ブロック5」詳細を解説 スペースX運用開始


 
つい先日から打ち上げが始まった、スペースXロケットの最新バージョン「ファルコン9 ブロック5」。こちらについて、同社設立者のイーロン・マスク氏が詳細を明かしています。
 
まず、ロケット第1段の「マーリンエンジン」は推力が8%向上し、海面高度では19万ポンドの推力を発揮します。また第2段の「マーリンバキュームエンジン」は推力が5%向上し、22万ポンドの推力を達成。さらに、チェック作業のみで10回、リファービッシュをくわえることで100回の再使用が可能なのです。
 
着陸脚には「ラッチ」が追加され、ドローン船上で外部クランプが必要なくなっています。またチタン製のグリッドフィンを採用し、火災などの可能性を低下させています。さらに塗装ではなく疎水性耐熱プロテクションをロケットに統合し、第1段と第2段の中間もカーボンファイバー製のブラックが目につきます。
 
そして内部的には、なによりも液体酸素の圧力を維持するCOPV(圧力容器)の安全性を向上されています。これは、NASAとの契約の元「ドラゴン2(有人版ドラゴン)」宇宙船による宇宙飛行士の輸送にも関わるためです。こちらはスケジュール通りなら、年内にも打ち上げが実施される予定です。
 
なおブロック5は最終バージョンだと公式に位置づけられていますが、今後も若干の設計変更はありうるようです。
 
Image Credit: スペースX
■Elon Musk Explains Improvements to SpaceX’s Falcon 9 Block 5 Rocket
https://www.space.com/40582-elon-musk-explains-spacex-falcon-9-block-5.html
(文/塚本直樹)

関連記事

満月まで2018年8月26日
あと10日です。
ページ上部へ戻る