JAL、国際線中長距離LCCの設立を正式発表 2020年夏の就航目指す


 
JAL(日本航空)は2018年5月14日、国際線の中長距離LCC(ローコストキャリア)を設立すると発表しました。称号は現時点では未定で、準備会社が2018年7月に設立予定となっています。
 
JALによるLCCは成田国際空港を拠点とし、アジア・欧米などの中長距離先に就航します。機材には当初2機の「ボーイング787-8」を使用し、2020年のサマースケジュールでの就航を目指すとのこと。また、会社はJALの連結子会社となります。
 
JALはカンタス航空とともにLCC「ジェットスター」へと出資しており、同航空会社は国内線や近距離国際線で運行されています。これにくわえて国際線の中長距離LCCを立ち上げることで、新たな需要を創出するとしています。
 
Image Credit: JAL
■新たに国際線中長距離ローコストキャリアの設立を決定
http://press.jal.co.jp/ja/release/201805/004716.html?_ga=2.202385176.822870665.1526265535-1944924607.1517410874
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る