ANA、退役ボーイング737をまるごと整備訓練専用機材に


 
ANA(全日本空輸)は、退役したボーイング737-500型機丸ごと整備士養成のための訓練専用機材として活用すると発表しました。このような取り組みは、国内航空会社としては初めてのケースとなります。
 
このように退役機を丸ごと整備訓練専用の機材とすることで、実機に対するさまざまな整備作業の経験や知識の現物確認、多くの新入社員が同時に実技訓練を実施できるなどのメリットがあると解説されています。
 
機体は必要な準備を行った後、2018年7月から整備訓練に利用される予定です。
 
Image Credit: ANA
■退役機を1機丸ごと整備訓練専用の機材へと活用
https://www.ana.co.jp/group/pr/201805/20180511.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る