複雑な模様を見せる土星の環


 
昨年9月まで探査機「カッシーニ」が観測を行っていた、太陽系第6惑星の土星。上は、その土星の環を精細に観測した画像です。
 
2009年8月22日に撮影されたこの画像は、カッシーニが観測したものです。土星の環は大小さまざまなサイズの氷と塵からできており、その色分けについては今でも科学者の間で議論があります。
 
画像は赤、緑、青のスペクトラムフィルターを利用し狭角カメラで撮影したものを合成しており、撮影位置は土星の輪の中央から約200万kmとなっています。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute
■Gravity’s Rainbow
https://www.nasa.gov/image-feature/jpl/pia22418/gravity-s-rainbow
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る