地球監視衛星「アースナウ」、エアバスやソフトバンク、ゲイツ氏ら支援


 
地球監視衛星プロジェクト「アースナウ(EarthNow)」は2018年4月18日(現地時間)、「衛星コンステレーション」による地球のライブストリーミング計画を発表しました。さらに、エアバスやソフトバンク、ビル・ゲイツ氏による投資も同時に明かされています。
 
アースナウのプロジェクトでは、多数の人工衛星から構築される衛星コンステレーションで動画を撮影。それをライブ中継するという計画です。動画は地球上のほぼすべての場所をカバーし、フィルター(遮蔽)もなし
 
また撮影されたライブストリーミングは、スマートフォンやタブレット端末からアプリ経由でアクセス可能。利用用途としては漁業における違法操業の監視や野生動物の移動、自然火災のモニターなどを想定しています。
 
ソフトバンクといえば、衛星コンステレーションによる高速インターネット計画「ワンウェブ(OneWeb)」にも出資しています。今後はさらに、衛星コンステレーションによるサービスへの期待が高まりそうです。
 
Image Credit: EarthNow
■A new satellite project to livestream the Earth says it’s backed by SoftBank, Airbus and Bill Gates
https://www.cnbc.com/2018/04/18/earthnow-announces-funding-round-from-softbank-bill-gates-airbus.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る